マンション総合保険の風災補償はここがポイント!5分で徹底解説

みなさんこんにちは。マンション保険相談センター編集部です。

先日、下記のようなお問い合わせをいただきました。

管理組合理事長
「マンション管理組合で火災保険に加入していますが、風災の補償は必要でしょうか。マンション内で話が上がり、不要ではないかとの意見が出たので、外して保険料を安くしたいのですが。」

組合で徴収している管理費を少しでも安くしたいという要望で、マンション総合保険を見直したいとのご意見でした。

保険の加入時、更新時には案内を受けて話を聞いているはずですが、ふとした時に疑問が出てくるものです。

そこで今回は、風災補償でどんなことが補償されるのか?など風災補償のポイントを解説していきます。

マンション総合保険の風災補償とは?

マンション総合保険の風災補償とは?

マンション総合保険では、補償内容として火災・風災・盗難・・・などというふうに名称がついています。

「風災補償」という名称だけではかなり抽象的なので、まず風災補償とはどういう内容を指すのか見ていきましょう。

風災補償の内容と事故例

まずマンション総合保険に限らず火災保険では一般的に、風災と言った場合には風・雹・雪を含めた損害の補償を指します。

風災補償は以下の損害を対象にする

風災 ・・・ 台風、竜巻などの強風による損害
雹災 ・・・ 雹(ひょう)による損害
雪災 ・・・ 雪による損害

マンション総合保険では、共用部分の建物・設備や動産が壊れたり、ひび割れたなどの被害が生じた場合に、その修理費などを補償します。

マンション共用部分で起こる風災被害の事故例は以下のようなものです。

風災

強風によってマンションの付属設備が倒れる・壊れる、周辺建物の設備や屋根などが飛んでくる壊れた部分から雨が入り込んでしまうといった被害が多いです。

平成30年に襲来した台風21号のときには、大阪方面でかなり衝撃的な映像が見られました。

住宅の屋根材(瓦など)が飛ばされてしまい、周辺建物の窓ガラスを割ってしまったり、物置が倒れる・飛ばされてしまうなどのケースが多かったです。

特に何台もの車が飛ばされてしまうニュースも衝撃的でした。

当時はマンションの被害も多く報告されており、

  • スレート(屋根材)が地上8階の窓を突き破ってきた
  • 屋上の倉庫が風に耐えきれず、倒れて地上まで落ちてしまった
  • 共同の自転車置き場の屋根が強風により飛ばされてしまった
  • などの事故例があります。

    雪災

    積もった雪の重みによって、建物がゆがんだり、屋根がへこむなどの損害が多いです。

    雪災については一軒家とか、ビニールハウス、カーポートなどの被害が圧倒的に多いですが、マンションの被害もないわけではありません。

    屋上に設置している給水用の水槽や、マンションで共用のアンテナを使用していれば、それらが押しつぶされたりといった被害を受ける可能性もあります。

    また、屋根に積もった雪が地上へ落下するという危険性も考えられるため、地上にあるものも被害を受ける可能性は十分にあります。

    雪災によるマンションの事故事例としては、

  • 雪が降った日にマンション内の水道管が凍結してしまった。あとから水漏れが発生し、該当箇所の水道管が割れていることが判明した。
  • というようなケースがあります。

    割れた水道管の修理は保険による補償の対象外となりますが、水濡れによってダメになった壁紙を張替える費用などは保険で補償されます。

    雹災

    雹災で多いのは、雹がぶつかってガラス窓が割れてしまったとか、室外機がへこんで故障してしまったというようなものです。

    マンションの窓ガラスは、中に金網を入れるなどして強化しているものが多いですが、それでも割れるのを完全に防げるわけではありません。

    また雹は大きさも降ってくる強さも一粒ずつ変わるため、どんな損害が出るかわかりません。

    風災補償の免責事項

    免責とは、保険会社から保険金が支払われない場合をいいます。

    風災が起きても保険金が支払われない場合として、「吹き込み」があります。

    「台風の日に窓を開けっ放しにしておいたら、雨と風が吹き込んできて、部屋がびしょびしょになってしまった。」

    窓の開けっ放しや、雨漏りがするような損壊箇所を放置しておいたことによって、壁紙が使えなくなったりクリーニングを入れたりした場合は、契約者の責任なので保険会社は保険金を支払いません。

    ただし、台風による飛来物で窓が割れてしまったために、部屋が濡れてしまった場合には補償の対象となります。

    また、マンション総合保険では、契約時に免責金額というものを設定します。

    免責金額は、「損害があっても設定した額は自己負担する」というものです。

    仮に免責金額を5万円に設定した場合、10万円の損害が発生したら保険から5万円が下りて、5万円は自己負担となります。

    また、フランチャイズ免責という設定の仕方もあります。

    この免責条件がついていると、損害の額が20万円にいたらないと保険金が下りません。

    そのかわり、20万円以上の損害が認められれば、損害額の全額が保険から支払われます。

    保険金請求の期限は?

    台風による損害が発生しても気づかなかったり、保険金が下りると思わなくて報告しなかったり、というケースもあると思います。

    一般に、火災保険の請求期限は、事故があった日から3年間とされています。

    つまり台風によりアンテナが折れてしまっても、その日から3年間は保険金の請求権があるわけです。

    しかし保険金が支払われるような事故が起こった場合には、なるべく早く保険金請求をしたほうが良いです。

    時間が経ってからの請求になると、「本当にその日の台風で壊れたのか?」という信憑性が疑われますし、その間に直してしまっていたら請求自体難しくなる可能性もあるからです。

    マンション総合保険に風災補償は必須

    マンション総合保険について風災補償の内容や、基本的な事項を説明してきました。

    ここからは風災補償の必要性や、契約プランから外せるのかなどを解説します。

    マンションの風災事故は共用部分で起きている

    マンションで起こる風災の事故については、ほとんどの被害が共用部分に起きています。

    マンションの躯体部分や窓ガラスなど外に面している部分や、敷地に生えている植物なども被害を受けやすく、逆に躯体部分や窓に守られている専有部分は、被害を受けにくいためです。

    共用部分に発生した損害については、管理組合が加入しているマンション総合保険で補償されますが、専有部分についてはマンションの区分所有者が個別に契約している保険の対象となります。

    なので、台風で窓ガラスが割れて専有部分が濡れてしまった場合、窓ガラスの修理代は管理組合のマンション総合保険から、専有部分の水濡れ損害は区分所有者の火災保険から補償されます。

    マンションの共用部分はどこが当たるのか、については以下の記事を参照ください。

    風災補償はマンション総合保険契約に必ず付帯するもの

    風災補償について必要性も述べましたが、この補償は総合保険の契約プランから外すことはできません。

    保険会社によって範囲の違いはありますが、基本的には以下のようなプランが必須の契約となっています。

    マンション総合保険の基本プラン
    火災・落雷・破裂・爆発補償
    風・雹・雪災補償
    水濡れ等補償
    建物外部からの物体の衝突等補償
    盗難補償
    事故時諸費用補償

    だいたい、上記のような補償内容を基本プランとして、オプションで水災や破損、賠償責任の各保証などを用意しています。

    オプションは付帯するかどうかによって保険料は上下しますが、基本プランは原則外すことができません。

    外すことのできない基本プランの保険料を抑えたい場合には、以下の2点の方法があります。

    保険料は抑えられますが、注意点もありますので、参考程度に読んでいただければと思います。

    保険料を抑える方法① 免責金額を設定する

    免責金額については、少し前にお話しましたが、この金額を高く設定するほど保険料は安くなります。

    損害があったときに保険会社が支払う保険金が少なくなるためです。

    風災のフランチャイズ免責についても同じことが言え、20万以上の損害について全額支払いますが、20万円に満たない損害は保険金支払の対象外となるので、それだけ保険会社の負担が減っているということになります。

    免責金額自体、20万円まで設定できる保険会社もありますが、保険料が安くなる分、小さな損害は自腹を切らなければならないため、免責金額を設定して契約をするときは、注意が必要です。

    保険料を抑える方法② 付保割合を小さくする

    火災保険は、建物が全壊したときに、新しく同じような建物を立て直せるようにかけておくものです。

    建て直しにかかる費用=保険が下りるときの限度額として契約しますが、マンションは自然災害などによって全壊する危険性はかなり低いです。

    そのため、実際に保険金を請求する際には建て直しの費用より、かなり少額の保険金が支払われることがほとんどです。

    付保割合によって、契約している建物の保険限度額を何%までと設定することができ、これによっても保険料を抑えることができます。

    ただし、あまりにも限度額が少なすぎると、保険で補償される損害が実際に起こった場合に困ることもあるので、注意が必要です。

    マンション総合保険の付保割合について、詳細はこちらの記事をご覧ください。

    マンション総合保険の付保割合とは?ちゃんと補償されるの?あなたの「よくわからない」を解決します!

    2019年5月10日

    マンション総合保険の風災補償について まとめ

    マンション総合保険の風災補償について まとめ

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    風災補償については、マンション総合保険を契約する際に外せないものですが、本当にいざというときに役に立ってくれるものです。

    記事の中でも取り上げましたが、平成30年台風21号による大阪周辺の被害は多くの人の想像を超えたものだったと思います。

    そんな台風が去ったあとに、自分のマンションの保険から補償が下りるか下りないかは、かなり重要なことです。

    また台風の被害は大きいものもあれば小さいものもあります。

    小さい被害についても、相談してみたら保険が下りた!というケースも多いので、何かあったらすぐに建物の点検をしたり、保険会社へ相談してみることをおすすめします。


    マンション総合保険についてお悩みの方へ

     

    次のようなことでお悩みではありませんか?
      

    ・マンション総合保険の更新保険料が高い
    ・現在保険を加入している管理会社では不安がある
    ・積立金不足があるので、なるべく節約したい
    ・どんなマンション総合保険に加入すればいいのか分からない

      
    もしも、マンション総合保険についてお悩みのことがあれば、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。